• 一宮の歴史
  • TOP   >  

一宮の歴史 一宮の歴史

一宮市は栄地区が中心部で、ここにはJR一宮駅と名古屋鉄道一宮駅の総合駅があり、名鉄百貨店がある複合駅となっております。一宮駅より東には、古くからの商店街があり、日本三大七夕で有名な七夕祭りが毎年行われることで有名です。昭和31年に始まった一宮七夕まつりは、今では市民の夏の最大イベントとして根をおろし、その飾り付けのけんらん豪華さは、仙台、平塚の七夕まつりとならび日本の三大七夕まつりの一つとして称賛されるほどで、130万人をこえる人出でにぎわいます。
一宮市の北部には平成17年に合併した木曽川町があり、イオンの大型複合ショッピングモールがあり、休日には沢山の人で賑わいます。住環境としても良く、多くのアパート・マンションが建っております。
一宮駅の南東部には一宮のグルメ通りと呼ばれる飲食店の立ち並ぶエリアがあります。一宮では『モーニング博覧会』なるイベントが開催されており、喫茶店のモーニングサービス発祥の地といわれるこの地では、喫茶店の件数も多く、サービスの内容もバラエティに富んでいます。助六寿司やところ天、うどんや味噌汁などどんな順番で食べれば良いのか迷ってしまうほどです。このように商業地としての賑わいもあるため、賃貸マンション・賃貸アパートも多く人気の高い地域でもあります。

  一覧へ 一宮市